Monthly Archive for 11月 2013

花咲ガニは幻のカニと言われる貴重なカニです。

冷凍技術が高まり通販美味しく手元に届くようになりました。それでも花咲ガニはあまり手に入らないカニです。
一度食べるともう一度と思わせてくれるのが花咲ガニです。そんな人気者の花咲ガニですからリピーターも少なくありません。
「花咲ガニ」。他のカニの名前と何か異なる感じがしませんか。カニってタラバガニとか毛ガニとかと言ったカニらしい名称が付いていますね。「花咲ガニ」は何だかカニっぽくない名称な気がします。
ではどのようにして「花咲ガニ」と言う名称がついてのでしょうか。
花咲ガニは北海道の根室に有る花咲と言う所で獲れるカニです。この産地から名づけられたという説があります。
この他には花咲ガニを茹でると花が咲いたように赤くなる言うことから「花咲(はなさき)ガニ」と呼ばれているという説もあります。後者もロマンテッですね。
別名には「コンブガニ」と言う名前もあります。花咲ガニの獲れる海には昆布がたくさん生息しているのです。ですから花咲ガニは沢山昆布を食べて育つということでコンブガニとも言われるそうです。
花咲ガニは、身もぎっしり詰まった美味しいカニです。通信販売で目に留まったらぜひ食べてみてくださいね。

admin in 未分類 am 11月 30 2013 » 0 comments

今やネットショッピングは当たり前の世の中です。

カニも例外ではなくカニはインターネット上やテレビ番組でカニの通販が一般化しているとも言えるで
しょう。
特に北海道産のカニは人気です。人々のイメージの中に「カニ=北海道」と言うものもあると思います。
そこで北海道のカニ=美味しいを連想させます。
これはイメージや思い込みだけではなく、北海道の海の環境が美味しさに影響しているとお言えます。
北海道の海の環境は海流、プランクトン等とかの影響からとても栄養価が高くなっています。このいい
環境で育つ魚介類は栄養を蓄え、しっかりと泳ぐことで鍛えられて身がキュッと引き締まります。です
から見もギュッと詰まっています。美味しさを育てるためにいい環境下にあるといえます。
そして、北海道でカニは様々な種類が育ちます。タラバガニ、ズワイガニ等は秋~春まで、花咲ガニは
夏場までと1年を通して食べることができます。

通販ですと北海道の様々なカニが一年中楽しめることになります。
中でも花咲ガニは特に流通性も低いカニです。そんな、地元に来アなければ食べられなかったカニが通
販で手に入るようになり楽しめるようになったのです。

admin in 未分類 am 11月 16 2013 » 0 comments

カニの旬と言うのは、漠然と「冬」と思っていることでしょう。

たしかにズワイガニも11月~3月あたり
が旬ですし毛ガニも12月~3月です。このように冬が旬のカニが多く見られます。しかしカニの種類によ
っても地域によっても下にの旬は変わってきます。夏が旬のカニもるのです。
「花咲ガニ」はどうでしょうか。
花咲ガニは、珍しく夏場に美味しく頂けるカニなのです。旬の時期は7月~8月あたりです。

花咲ガニの味はとても濃厚で高級な味わいです。身が引き締まっていながら とっても柔らかく身もぎっ
しりと詰まっていて余すとこなく食べられます。
メスに出会えると大当たりでメスのフンドシ部分にある内子は、濃厚な味を楽しめます。そして外子は
プチッとした食感で、少し味付けをし、珍味として頂きましょう。カニみそも多く絶品です。
花咲ガニは洋酒などにもよく合います。
茹でると鮮やかな赤い色になり見た目にも豪華です。
カニの本場、北海道で花咲ガニはとれます。花咲ガニは様々な種類が味わえるカニの本場、北海道でも
特に地元の方にも人気です。
花咲ガニの毛ガニ、タラバとは違うお味が楽しめます。旬の花咲ガニはは絶品です。ぜひ一度、ご賞味
ください。

<参考HP>

http://www.kanifarm.com/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%8B

 

 

admin in 未分類 am 11月 10 2013 » 0 comments

花咲ガニは流通性も低いカニです。

しかしいくら食べたいからと言って現地に行って食べるなどと言う
のは難しいことでしょう。
そこで《通販》を利用して購入するとしましょう。
しかし「花咲ガニ」は希少なカニです。
地元でもなかなか口に入らないか弐とも言われています。そんな希少なカニが通販で購入できます。
しかし通販は現物を見て買うものではありません。手元に届いて初めてあたりかはずれか判明するもの
です。
届いて食べてみて中身がスカスカだったらがっかりでしょう。そんな失敗をしないためのポイントを紹
介しましょう。
①通販ショップに実店舗も有るからと言って安心してはいけない!!
「実店舗」が名乗られると何となく安心するものです。しかし実店舗だから悪質業者ではないというこ
とはありません。実店舗と言うことに惑わされないようにしましょう。
②カニ専門店、特に花咲ガニであれば花咲ガニを専門に取り扱っている通販ショップを選びましょう。
それぞれ突起したカニを扱っているショップがあります。ズワイガ二をメインにしながら花咲ガニを取
り扱っているショップより花咲ガニをメインに取り扱っているショップの方が良い花咲ガニが手に入り
ます。

③ショップの口コミを確認しましょう。口コミは購入した方の生の声です。これをチェックすることは
良い品物を手に入れられるかどうかに影響します。
④花咲ガニがどこで取れた物なのの明記があるかないかの確認
⑤返品や返金のシステムの確認
これらのことは必ず確認しましょう。

admin in 未分類 am 11月 09 2013 » 0 comments

高いものですとカニ一尾700g位で4000円ほどでしょうか。

高級な花咲ガニを美味しく食べるコツを紹介しましょう。
花咲ガニは冷凍で届きます。この解凍の方法が重要です。
一般的に通販されるカニは獲れてすぐさまに新鮮なうちにボイルし
急速冷凍します。これがカニのうま
みを閉じ込める一番の方法です。
この美味しい状態で購入先に届きます。
せっかく一番おいしい状態で届いたのです。美味しく頂かなくては損です。
絶対にダメな解凍方法をお話ししましょう。
①「電子レンジの解凍」これは新鮮さが失われることになりますから美味しさが失われます。
②「凍ったままの状態で調理をし解凍する方法」この場合も急速解凍が進んでしまいます。うまみ成分
はどんどん外に流れてしまいます。そして身もパサパサになってしまい風味も失われカニのおいしさを
味わうことができません。
このような解凍方法はご法度です。
花咲ガニは「自然解凍」をしましょう。その時に溶けていく水分にも旨みは閉じ込められています。キ
ッチンペーパーに包んだまま自然解凍しましょう。

admin in 未分類 am 11月 07 2013 » 0 comments

「カニ」。嫌いな人はいないのではないでしょうか。

タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ…種類もたくさんあります。食べ方も生でお刺身・茹でガニ・焼きガニ・カニしゃぶしゃぶ・カニすき・カニの天ぷら・グラタンにしても美味しいですね。カニは冬のご馳走!!カニの旬がやってくるのを心待ちにしている方もいらっしゃることでしょう。
このカニですが「花咲ガニ」と言うカニをご存知ですか

水揚げ量が非常に少ない「幻」とまで言われているカニですから始めてお耳にされる方もいらっしゃることでしょう。

この花咲ガニは北海道花咲半島で水揚げされるカニ、市場に出回ることが少ない花咲地方に行った時にしか食べる事が出来ない貴重なカニです。

花咲ガニはエビ目・ヤドカリ下目・タラバガニ科に分類されるタラバガニの近縁種で「カニ」と言われますが、ヤドカリの仲間です。和名の「ハナサキ」は、漁獲地となっている根室の地名「花咲」に由来するとする説と、茹でたときに赤くなって花が咲いたように見えるからとする説もあります別名はまた、コンブの生えている海域に生息することから、「コンブガニ」とも言われます。
この別名のごとく花咲ガニはコンブを食べて成長しているので、コンブの旨味も加味され
カニみそも濃厚で、見も詰まっていて脚肉まで余すところなく食べられ子持ちの花咲ガニに出会えれば、オレンジ色の卵がプチプチした食感をを楽しめより美味しく頂けます。値段は700gで3700円ほどでしょうか。

admin in 未分類 am 11月 05 2013 » 0 comments